バタ角

BATAKAKU

特 徴

活躍する場面が多いオールラウンダーな木材バタ角=場多角

バタ角の特徴として、泥・ホコリ・コンクリートの付着・釘等が打ち込まれている事も多い商品となります。建設現場で何度も使用されるうちに角が落ちて丸くなっているモノも多くあります。バタ角とは本来、「場多角」などと記す事が多いです。つまり使用する場所・場面が非常に多い角材であるという事です。よって様々なダメージの受け方をしている事が考えられ、整備にも時間をかけて作業をしております。

商品型番をクリックするとショッピングページへ移動できます

バタ角シリーズ表

タイプグレード

PREMIUM

プレミアム

190cm

B/SP-190

95cm

B/SP-95

50cm

B/SP-50

その魅力は重量感と経年感

当社でラインナップしている商品は9cm角となります。6cm、10.5cm、12cmなども
流通していますが、ウッドヤンでは女性の方でも取扱いやすく重厚感が出るように9cm角を採用。
使用用途としては、机やイスの脚、ルーバー・支柱作りなどを目的に購入される方が多い商品となります。